法令出版は、税務・会計等に関する書籍の発行を通じ、健全な納税意識の育成並びに租税知識の向上に貢献します。

NEW BOOKS書籍一覧

医療法人の法務と税務【第三版】

医療法人の法務と税務に関する実務経験が豊富な執筆陣が、実務において生ずる多くの疑問点等を抽出し、医療法を初めとする関係法令や各種通知等を踏まえ、深度ある検討を行い、充実した内容の回...

詳細を見る

グループ法人税制【第二版】

平成22年度税制改正で措置された「グループ法人税制」について、全170問のQ&A方式で詳述した解説書。 単に制度の取扱いを解説するだけでなく、考え方を詳述し、問題点を掘り下げて明ら...

詳細を見る

認定医療法人制度と医業承継対策―認定医療法人の活用から出資持分評価引き下げ対策まで―

「持分あり医療法人」から「持分なし医療法人」への移行に伴う相続税・贈与税に関する納税猶予制度(認定医療法人制度)が平成26年10月1日から開始されています。 本書は、同制度を活用す...

詳細を見る

株式交換・株式移転 実務必携

『会社合併』『会社分割』に続く、『実務必携』シリーズ第3弾。 株式交換・株式移転を行うべきか否か等の判断に資する事項(第Ⅰ部)、株式交換・株式移転の法務(第Ⅱ部)、株式交換・株式移...

詳細を見る

税務の専門家も参考にする 相続税質疑応答集

 遺言や遺産分割などの相続税の課税原因となる民法の基礎的な知識、相続税の課税価格とその計算方法や非課税財産、債務、葬式費用などの相続税に関する様々な取扱い、小規模宅地の特例、信託課...

詳細を見る

外国税額控除制度・外国子会社配当金益金不算入制度 国際的二重課税排除の制度と実務 第3版

『外国税額控除制度』『外国子会社配当益金不算入制度』二つの制度の詳細な解説書。 平成26年度税制改正において、国内源泉所得課税が従来の総合主義から帰属主義に抜本改正されたことに伴い...

詳細を見る

個人投資家の証券税務読本 四訂版(平成26~27年版)

個人の証券税務について、多種多様にわたる国内外の有価証券につき、その取得・保有・譲渡・償還(払戻)から相続や贈与の局面に至るまで、広範に取り上げて解説。 前版発刊以後に新設、改正さ...

詳細を見る

【改訂版】国際課税質疑応答集―基本的な仕組みと考え方―

初版発刊後に制定された『過大支払利子税制』『国外財産調書提出制度』等の解説を新たに追加。 また、『非居住者・外国法人に対する課税関係』や、事業所得の総合主義から帰属主義への変更等に...

詳細を見る

税務調査の実例40 選定理由・展開

所得隠し(脱税)の手口の実例を誠実な納税者目線で余すところなく解明・追及します。 日々淡々と行われているごく当たり前の税務調査。税務職員が学ぶ顕著な事績がこの1冊に。

詳細を見る

会社分割実務必携

組織再編成の中でも、最も複雑な「分割」に関して、実務家が突き当たる課題に的確な答を提供するため、極めて広範囲に渡り深度ある解説をしています。 会社分割を行うべきか否か等の判断に資す...

詳細を見る

トップへ