法令出版は、税務・会計等に関する書籍の発行を通じ、健全な納税意識の育成並びに租税知識の向上に貢献します。

酒税法及び酒類行政関係法令等解釈通達(令和2年4月24日最終改正)

法令出版

発売日 2020年07月06日
サイズ A5
頁数 444頁
ISBN 978-4-909600-14-1
定価
2,500円(税込)

オンラインショップ

こちらの書籍はオンラインショップでのお取り扱いはございません。

FAXで購入する

内容

酒税法及び酒類の製造・販売等に関する通達をコンパクトにまとめた一冊。
令和2年4月24日改正分まで完全収録。

※ 本書は、通達のみの掲載となっております。法律、政令、省令の掲載はありませんので、お買い求めの際にはご注意ください。

目次

第1編 総則
第2編 酒税法関係
第3編 租税特別措置法関係
第4編 沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律関係
第5編 輸入品に対する内国消費税の徴収等に関する法律関係
第6編 登録免許税関係
第7編 災害被災者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律関係
第7編の2 構造改革特別区域法関係
第7編の3 総合特別区域法関係
第7編の4 国家戦略特別区域法関係
第8編 酒類行政法令関係
第1章 酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律関係
第2章 資源の有効な利用の促進に関する法律関係
第3章 容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律関係

(付録)
○ 酒類の公正な取引に関する基準の取扱いについて(法令解釈通達)【平成29年3月31日課酒1-6】
○ 酒類の地理的表示に関する表示基準の取扱いについて(法令解釈通達)【平成27年10月30日課酒1-76・課鑑93】
○ 「酒類保存のため酒類に混和することができる物品」の取扱いについて(法令解釈通達)【平成9年4月23日課鑑16ほか2課共同】

トップへ